top


◆イベントのお知らせ◆
これは何でしょう?
突然ですが問題です。さて、↑これは何でしょう
正解はこちらをクリック
★H28.12.3(土)
 『生物環境・みずすましアドバイザー技能検定試験』を実施しました。
 ★H28.11.11(金)
 『みずすましネットワーク交流会を開催しました。
 ★H28.10.3(月)〜10.4(火)【2日間】
『みずすましアドバイザー研修会』魚類、昆虫類・底生動物コースを開催しました
★H28.9.28(水)〜9.30(金)【3日間】
『みずすましアドバイザー研修会』植物分類・植生コースを開催しました
★H28.9.24 (土)
『世界農業遺産』認定をめざして キックオフシンポジウムを開催されました。
★H26.2.21
『須原魚のゆりかご水田協議会』で6次産業化の取組として『魚のゆりかご水田米』を使ったお酒つくりをされました。
  問い合わせ:須原魚のゆりかご水田協議会 堀さんまで
   詳しくは→  http://seseragi.shiga-saku.net/e1009954.html

  滋賀県の『魚のゆりかご水田プロジェクト』のHP ↓↓
   http://www.pref.shiga.lg.jp/g/noson/fish-cradle/index.html

★H24.8.4
『第2回 豊かな生きものを育む水田づくりについて考えてみよう』を開催しました。
 魚のゆりかごブログのアドレスはこちら ↓↓ 

魚のゆりかご水田魚道での魚の大ジャンプ
 平成23年5月中旬の大雨のあとの午前6時前米原市長沢地先排水路での様子です。
 
 排水路の溝畔で撮影していたのですが、すぐ近く2、3m先の場所で大きなコイやフナがジャンプして遡上していく姿は感動を覚えました。
 また、撮影しているときは気がつかなかったのですが、あとからビデオをチェックしていると、ナマズが突然畦に現れて、こちらの存在に気がついたのか、慌ててUターンして画面から消えていく様子が映っていて、とてもかわいく思いました。


 》》》 平成27年度活動結果はこちら 
 》》》 平成26年度活動結果はこちら 
 》》》 平成25年度活動結果はこちら 
 》》》 平成24年度活動結果はこちら 
 》》》 平成23年度活動結果はこちら 
 》》》 平成22年度活動結果はこちら 
 》》》 平成21年度活動結果はこちら 
 》》》 平成20年度活動結果はこちら
 》》》 メルマガ バックナンバーはこちら
 》》》 広報みずすまし バックナンバーはこちら


問題の答 これは何でしょう? 和名:チョウ
学名:Argulus japonicus
分類:甲殻亜門顎脚綱鰓尾目
特徴:体長は1cm弱で、キンギョやフナ、コイなどの淡水魚の皮膚に寄生し血液を吸います。大量に寄生された場合、小型魚なら死ぬことがあります。

■みずすましネットワークとは■(ネットワーク会則はこちら)
 農村地域の環境を保全するための各種団体、企業や個人などによる農村地域の環境保全活動の実践や支援を行うネットワークで、参画された方の情報を共有化し、個々の持つ能力を保全活動に活かすことを目的としています。
■このような活動をしています■
趣旨に賛同した個人、NPO、各種団体、企業や教育機関等が、相互の希望や活動内容等の情報を発信・共有するネットワークを構築し、農村地域の活動団体が計画する環境保全活動等に対し、情報や人的支援の提供を行います。

■事 務 局■
滋賀県みずすましセンター
 滋賀県土地改良事業団体連合会(愛称:水土里ネット滋賀) 企画環境課 内
〒521-1224 滋賀県東近江市林町601番地
TEL:0748-42-7144 FAX:0748-42-5574 E-mail:mizusumashi@mizusumashi-network.com

コオイムシ。わたしはオスです。
金環日食はご覧になりましたか?

あなたは番目の訪問者です。